本ウェブサイトでは最高な3Dエンジニアードモデルソフトをより知ることができます。DesignSpark Mechanicalと言います。本ソフトは使い勝手の良いインターフェイスや幅の広いツールと道具(無料ソフトでは)、またはコンポネントモデルのライブラリも簡単にデザインに読み込むこともできます。素早くDesignSpark Mechanicalの使い方を学べます。

DesignSpark MechanicalはCADモデルのシェアウェアソフトのSpaceClaimのシンプル化したソフトです。ただし、DesignSpark Mechanicalは複数のツールや機能を提供し、複雑な作業をこなせます。DesignSpark Mechanicalはほかの無料ソフトのDesignSpark PCBとともに利用ができる。DesignSpark PCBは簡単に回路版を作るソフトです。

DesignSpark Mechanical: 既存の設計ワークフローへのシームレスな統合。

これらすべての機能により、DesignSpark Mechanicalが電気製品のプロトタイプを作るのに便利なソフトにする。これらのプログラムを導入することによって、元となるアイデアを提供するエンジニアとソフトで実現させるデザイナーのコミュニケーション能力を上げることができる。新たな製品は3Dモデルを通じて説明しやすいですし、機能の説明も複数の図面ではっきりと伝えられます。

DesignSpark Mechanicalのダウンロードとインストール手順

DesignSpark Mechanicalは正規ウェブサイトのソースファイルにてダウンロード、インストールができる。.

DesignSpark Mechanicalのダウンロードとインストール手順

インストールの手順は単純で、プログラム内の説明に従えばできる。プログラムを起動するにはここでアカウント作成の必要がある。ほかのDesignSparkのソフト(例えばDesignSpark PCB等)をお持ちの場合にはユーザ名を記入するのみとなります。

アカウントを作成してアクティベーションを DesignSpark Mechanical

DesignSparkMechanicalの使い方

ここではDesignSpark Mechanicalの使い方が学べます。プログラム起動後、最初のスタート画面が映り、たくさんの情報が表示されます。ここには英語版のDesignSpark Mechanicalのチュートリアルのリンクも表示される。

DesignSpark Mechanical インターフェイス。

全てのメニューはオフィスと同様に並べている。すべての工程はファイルタブで見つかることができる。デザインのタブにはワークスペースで利用するモデリングやナビゲーションのツールがある。表示のタブには表示モードツールがあり、ヘルプ・リソースタブにはチュートリアルのリンクや有効な情報があります。

DesignSpark Mechanicalのチュートリアル

始めるには新たなファイルをファイル→新しいファイル→デザインを選択します。からのワークスペース、そしてリファレンスサインとコントロールグリッドが見えます。最初にはカメラの操作を理解する必要があります。マウスのスクロールホイールを使ってカメラの回り方が決められる。同時にカメラを動かすにはシフトキーを同時に押し込まないとできません。

スケールの操作はスクロールホイールを回す、若しくはスクロールホイールを押し込んで、コントロールキーとマウスの動きで決めることもできる。カメラ設定はファイル→DesignSparkオプション→ナビゲーションメニューで確認することができる。

カメラ捜査ツールのもう一つの場所はデザインタブの中の角度グループです。マウスをツールの上に操作すると、ホットキーのヒントが表示され、プログラムをより快適に使えるようにする。

では箱を書きましょう。各工程はビデオの中に説明され、ワークスペース内の操作、そしてオブジェクト選択にはコントロールキーを利用することがができれば、わかりやすくなっています。

次のビデオにはワークの保存方法、そして3Dプリンター対応のファイルエキスポート方法を説明します。

これですべてです!

では、本ウェブサイトをお気に入りに入れて、お友達にSNS上で是非共有してください!大変助かります!

ご清聴ありがとうございました、プロジェクトの成功を祈ります!